院長ブログ

2016.12.01更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

入れ歯にも種類があることをご存知でしょうか?

入れ歯には、全部床義歯や部分義歯などがあります。
その他、素材や見た目にも種類があります。

例を挙げると、ノンクラスプデンチャーというものがあります。
通常の保険の部分義歯の場合、クラスプと言われる金属のバネがあり審美性に欠けてしまいますが、このノンクラスプデンチャーは金属のバネがなくより自然な義歯になります。また装着時の違和感が少ないという特徴もありますので、皆様の負担も軽減できる入れ歯になっています。

他には、金属床義歯があります。
これは、床の部分が金属になっているので耐久性、強度に優れています。金属を使用することでより薄く軽い義歯になっております。
金属は、熱が伝わりやすいため、お食事も義歯を着用していない時と同じくらいの温度を感じることができます。

入れ歯といっても多くの種類がありますので、今ご使用の入れ歯にお困りのことなどございましたら是非お話しください。

投稿者: 三代歯科医院