院長ブログ

2017.06.09更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

夏本番に向け、気温もだいぶ上がり暑い日が続きますね。
皆さん体調はいかがでしょうか?

季節の変わり目は、体調を崩しやすい時期でもありますのでお気を付けくださいませ。

さて、今回は「義歯」と「インプラント」についての話になります。

何らかの原因で歯が抜け落ちてしまった時に、治療として頭に浮かぶのは入れ歯やインプラントでしょうか。
患者さんからもよく質問を受けます。

「入れ歯とインプラントどちらがよいのかしら?」

これには一概にはどちらが良いとは言えません。
どちらもメリットとデメリットがあります。

義歯とインプラントの最大の違いとして
取り外せるか取り外せないものなのかという点があります。

より天然歯に近いのは、取り外しができないインプラントになります。
見た目も強度も天然歯と近く、インプラントという事を忘れてしますくらい自然です。
しかし、骨の状態によってはインプラントができないない場合もあります。
また、保険適用外で金額も他の治療よりはかかりますし、オペが必要になります。

義歯の場合は、保険適用されオペの必要はありません。

様々な観点から、一人一人にあった治療を提案していきますので、
是非ご相談ください。

投稿者: 三代歯科医院