院長ブログ

2016.01.30更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

3回続けて、歯周病のお話をしてきました。
どんな病気か、どうして起きるのか、ほかの病気にかかるリスクを上げることがある、といった内容を書いてきましたので、まだお読みでない方はぜひ一度目を通してみてください。

さて、歯周病を治すために歯科医院に通いなさい、と言われても、何をするか分からないと不安もあるでしょうから、今日からはいかに歯周病を治療していくかをご説明しようと思います。

まず初めに、当院では歯科衛生士の担当制を採用しています。
最初の治療から、同じ歯科衛生士が毎回お相手しますので信頼関係を築けますし、その方がお口の中の変化にも気付きやすくなります。

その上で治療をするのですが、以前にもお話ししたように歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)です。ですから、プラークを取り除くことが治療の第一歩となります。
当院では、専用の器具を使って歯間、奥歯の裏側、歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットなど、ご自分の歯みがきではなかなかキレイにできない部分まで、徹底的にお掃除します。

歯周病が進むと、歯周ポケットが深くなってしまうのですが、そういう場合だと専用器具を使ってもクリーニングが難しくなってしまいます。
ただ、そういったケースでも、フラップオペという外科処置ができますのでご安心ください。

今回はここまでにして、クリーニング以外の治療法については次回のブログでご紹介しようと思います。歯周病治療が気になっている方は、次回もぜひご覧ください。

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.29更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

今日も、当院で治療に力を入れている歯周病のお話をしようと思っています。
歯周病は最悪、歯を失ってしまいます。しかし、死んでしまうわけではありませんし、歯がなくなっても入れ歯などで代用できる、と軽視してしまう人もいるようです。

確かに、歯周病そのもので命を失うことはないでしょう。
でも、最近では、歯周病がほかの病気の発症原因になっていることが分かってきました。歯周病菌が血液や唾液などを通じてほかの部位に悪影響を及ぼすのです。

例えば、心臓病。動脈硬化や大動脈瘤といった怖い心疾患のリスクが、歯周病がある人だと2.8倍に膨れ上がるというデータがあります。血栓の原因となるPg菌というのは歯周病菌のひとつですから、深い関連性がうかがえます。
また、糖尿病もリスクが2倍以上になるという研究結果があり、その進行も深刻になると言われています。

歯周病患者自身に病気の危険性がつきまとうだけでなく、ある報告によると歯周病を患っている妊婦さんは、早産のリスクが7.5倍にも上るのだそうです。こうなると、新たに産まれてくる赤ちゃんにまで影響が及んでしまうわけですから、ご自分だけの問題ではありません。

口の中の病気だから大丈夫、などと甘く見ていると大変な事態になりかねません。
命に関わる病気のリスクが上がる可能性があるのですから、しっかりと歯科医院に通って歯周病をやっつけておきましょう!

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.28更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

前回に引き続き、歯周病のお話をしようと思います。
今回は、どうして歯周病になってしまうのか、つまり歯周病の原因のお話です。

ズバリ言ってしまいますが、歯周病の主な原因はプラークです。
プラークというのは歯垢のことで、これが歯についてしまうとその中で細菌が繁殖して、歯周病を引き起こすというわけです。
とは言え、プラークの付着そのものを防ぐには、食事を摂ることをやめるしかありません。でも、そんなことをしたら死んでしまいますから、プラークが付くこと自体は避けようがないわけなんですね。

ですから、歯周病を予防するには、付いてしまったプラークをいかに除去するかにかかっているわけです。お家での正しい歯みがきや、歯科医院での歯周病ケアが効果的というわけです。

また、タバコを吸う人は要注意です。
喫煙によって毛細血管の機能が衰えると、傷や炎症がなかなか治りづらくなってしまいます。こうなると、プラークを少なく抑えていたとしても、歯周病の発生や悪化につながってしまうのです。

まとめると、発生そのものはどうしようもないプラークが歯周病の原因で、喫煙者は特に注意が必要、ということです。
まずはプラークを少なく抑えることが大切ですから、定期的に歯科医に通ってケアを受けたり、正しいブラッシング方法を学んでいただくのがいいでしょう。

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.27更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

当院では、虫歯の治療はもちろんですが、歯周病の治療や予防にも力を入れています。
最近では知らない人がほとんどいなくなったのでは、というほどよく耳にするようになった歯周病ですが、かと言って、どんな病気か、どうしてかかるのか、どうしたら予防できるか、などまでご存知の方は意外と少ないかもしれません。

歯周病というのは、一言で説明すると、歯と歯ぐき(歯肉)の境目などに付いた歯垢の中で細菌が繁殖してしまい、それによって歯肉に炎症が起きる病気です。
悪くなるまで放置しておくと、歯が抜け落ちてしまったり、抜歯以外にどうしようもないというケースに陥ってしまうこともある、怖い病気です。

虫歯と違って、かなり進行するまで痛みがないというのも恐ろしい点です。つまり、自分で「私、歯周病かも」と気付きにくいんですね。
歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、寝起きに口の中がねばねばする、冷たい物が歯にしみる、食べ物がよく歯ぐきにはさまる、といった症状がある方は歯周病かもしれません。

まずはご自分で「歯周病かもしれない」と気付くことが第一歩になりますので、これらの症状にドキッとした方は一度、歯科医を受診してみてください。
中高年に多い病気と思われがちですが、若い人にも起きる病気です。年齢に関係なく、気になる方はチェックしてみましょう。

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.26更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

当院は神戸市中央区の元町通に位置していて、元町駅から徒歩5分の場所にあります。
ご近所にお住まいの方はもちろん、電車に乗って来られる患者さんにも通っていただきやすい場所なのではないかと思います。

通っていただきやすいという部分では、もうひとつ自慢があります。
それは、休診日が日曜日と祝日のみ、という点です。
午前は土曜日も含めて9時半から13時まで、午後は基本が14時から19時までで、木曜日と土曜日が18時までとなっています。

この診療時間ですと、日中はお仕事や学校が忙しくてなかなか歯医者に通えないという方も、お仕事帰り、学校帰りに寄っていただけるかもしれません。
それでも寄れないよ、という方でも、土曜日に来ていただけますので、ご安心いただけるのではないでしょうか。

歯周病治療などはもちろん、虫歯の治療でも1回だけで終わらないことは珍しくありません。何度も通う必要があるのですから、途中で投げ出さないためにも通いやすい歯科医院を選ぶことは大切です。
お近くの方で、歯のトラブルを抱えていらっしゃるのであれば、どうぞ当院までご相談ください。

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.25更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

おかげさまで、当院も開業から25年が過ぎました。
当たり前のことですが、その間にいろいろな出来事がありました。私自身もたくさんの経験を積みましたし、歯科を取り巻く技術も大きく進歩しました。開業当時とは変わったことが多くあります。

でも、変わっていないものもあります。
私の胸の中には、開業当時から常に「ここに来てよかった」と患者さんに思ってもらいたいという信念があり続けます。

極端な話、患者さんと話し合わなくても虫歯を治すことはできます。
でも、それで治療は完了したとしても、果たして患者さんのご意向に沿えたかどうかは分かりません。
ですから、例えば、私たちは問診をしっかり行い、治療の選択肢をご提示します。
それぞれの治療方針のメリットやデメリット、治療費がどのくらいかかるのかなども含めてお伝えし、話し合いながら計画を立てていきます。

そうすることで、患者さんに笑顔で当院を後にしていただきたいと考えているのです。
これは私ひとりの考えではなく、医院のスタッフにも徹底させていますので、ご不明なことがあればどのスタッフに声をかけていただいても結構です。

「ここに来てよかった」。
すべての患者さんにそう言っていただけるよう、日々努力して、みなさんのお口の健康を守っていければと思います。

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.22更新

歯が痛かったり、何か自覚症状が出たので「こうなれば良いな」といった漠然とした希望を持ちながら歯医者に行ったけれど、それを言い出せなかった経験はありませんか。
当院では患者様に「ここに来て良かった」と言っていただけるような満足度の高い医療を提供しており、家族のように何でも話しやすい歯医者を目指しております。

当院では予防や歯周病治療に力を入れており、歯科衛生士の担当制を設けております。
いつも同じ歯科衛生士が担当することで、小さな変化にも気付きやすくなり、早期発見と治療につながります。

その他、入れ歯治療やホワイトニングなどの審美歯科も行っております。
お口に関するお悩みなら神戸市中央区の当院までお気軽にご相談ください。
土曜日も午後18時まで診療を行っております。

 

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.21更新

歯に関する悩みを誰でも一つは持っているでしょう。
あなたの歯のお悩みを何でもお話し下さい。
神戸市中央区にお住いの皆様のかかりつけ医として、なんでも相談できる歯医者でありたいと考えます。

お悩みの一つに歯の色を白くしたいというものが多くあります。
歯を白くしたい方はホワイトニング治療をお勧めしています。
最近では男女ともに多い施術です。
生活スタイルにあわせてホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを選んで下さい。

ホームホワイトニングは、患者様専用のマウスピースを製作し、低濃度の薬液を入れ、毎日2時間程度装着して頂きます。
オフィスホワイトニングは病院にて濃度の高い薬液を使用しホワイトニングを行います。定期的な通院とメンテナンスが必要です。

 

投稿者: 三代歯科医院

2016.01.20更新

虫歯や歯が痛くなってからしか歯科医院にいかないということは、ありませんか。
虫歯や痛みなど自覚症状がなくても最低年に1回は歯科医院で歯の定期検診を受けることをお勧めいたします。

定期検診では、虫歯や歯周病のチェックや歯石の除去を行います。
歯周病は自覚症状がないうちに進行しますので、定期検診できちんとチェックをしましょう。
歯周病がありますと、心臓病や誤飲性肺炎、糖尿病のリスクが増えます。
歯の健康は、身体の健康へとつながっています。
定期検診で、虫歯や歯周病を早期発見して早期治療で健康な歯で生活していきませんか。

歯のことや歯ぐきのことでお悩みでしたら、神戸市中央区にあります当院で、ぜひご相談ください。

 

投稿者: 三代歯科医院