院長ブログ

2016.03.31更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

前回まで、このブログで「ホワイトニング」について取り上げてきました。ご興味のある方は、ぜひご一読ください。
今日からお話しする内容も審美歯科、つまり歯を美しく見せるための歯科治療についてです。ただし、今回は色ではありません。

虫歯の治療をしたことのある方なら、お口の中に銀歯があるという方も少なくないでしょう。こういった「被せ物(クラウン)」や「詰め物(インレー)」を美しく見せるのも審美歯科のひとつです。

銀歯は一般的ですが、これを美しくないと思う患者さんもいらっしゃると思います。
確かに、天然の歯の色とは明らかに違いますし、それが気になって人前で笑うのをためらってしまうケースもあるようです。
また、金属アレルギーに悩まされるという、もっと健康に直接的に害を及ぼす場合だってあります。

当院では、そういった患者さんのご要望に対応するため、何種類もの被せ物・詰め物をご用意しています。次回のブログから、この辺りのお話をしていこうと考えています。
もちろん、すぐに知りたいという患者さんがいらっしゃいましたら、当院までお気軽にご相談ください。

投稿者: 三代歯科医院

2016.03.24更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

さて、前回の「オフィスホワイトニング」に続いて、今日は「ホームホワイトニング」の良い点と悪い点についてご説明していこうと思います。
専用の器具や薬剤を使って、患者さんの歯を白くするホワイトニング治療についてご興味のある方は、ぜひ前々回のブログからお読みください。

今日ご紹介する「ホームホワイトニング」は、その名の通り、患者さんご自身にご自宅で行ってもらうホワイトニング治療です。
メリットとして挙げられるのは、歯科医院に来ていただく必要がありませんので、ご自身の生活に合わせたペースで進められることです。
ただ、ご自分がサボってしまうと一向に歯が白くならないというデメリットと表裏一体ですので、その点はご注意を。

また、歯科医院に通っていただくオフィスホワイトニングに比べると、効果が出るまでに少し時間がかかります。ただ、治療後の色戻りは少ないですし、歯にかかる負担も軽減されます。

多少お金がかかっても、専門家にやってもらう方が安心だと思えば「オフィスホワイトニング」。自分のペースでゆっくりやっていきたいという方は「ホームホワイトニング」。
どちらを選ぶかは、患者さんそれぞれのご判断でいいと思います。分からないことはご相談に乗りますので、お気軽にどうぞ。

投稿者: 三代歯科医院

2016.03.18更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

前回のブログでお伝えした通り、今日もホワイトニングのお話を続けていこうと思います。
ホワイトニングは、歯についた着色汚れなどを除去して、本来の白い歯を取り戻すための治療です。そして、前回もご説明した通り、ホワイトニングには2つの種類があり、今回は「オフィスホワイトニング」の方をご紹介します。

オフィスホワイトニングは、患者さんに歯科医院に来てもらい、歯科医師が治療を行うホワイトニングです。
この方法の一番のメリットは、即効性があることです。つまり、短時間で歯を白くしたいという患者さんに向いているということになります。
また、歯科医師が治療を行いますので、安心してホワイトニングに取り組むことができるのも利点です。

ただし、デメリットもないわけではありません。
もうひとつのホワイトニングである「ホームホワイトニング」に比べ、色戻りがしやすい傾向にあったり、費用が高めになってしまうことです。薬剤の濃度によっては、しみる場合もあります。

次回のブログでは「ホームホワイトニング」のメリット・デメリットをご紹介しますので、そちらと合わせてご検討なさるのがいいでしょう。

投稿者: 三代歯科医院

2016.03.10更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

これまで、虫歯の治療や歯周病の治療など、言ってみれば歯の病気を治すための方法や予防法についてお話ししてきましたが、歯科医の仕事はそれだけではありません。
今日、お話しするのは「審美歯科」と言われる分野の内容で、簡単に言うと「いかに美しい歯を保つか」というものです。

歯が真っ白な人と茶色い人では、他人に与える印象に大きな違いがあることは、わざわざ説明するまでもないでしょう。
ただ、しっかり歯みがきをしていても、タバコを吸うとかコーヒーを多く飲むという人の歯は、次第に汚れていってしまうものです。

そこで、その汚れや着色を取り除いて、本来の白さを取り戻すために行うのが「ホワイトニング」です。
専用の薬剤や器具を使って行う治療で、大きく分けて二種類があります。
ひとつは、歯医者さんに通ってもらい歯科医師が行う「オフィスホワイトニング」。もうひとつが、ご自宅で患者さんご自身にやってもらう「ホームホワイトニング」です。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、患者さんの歯の状態やご希望をうかがって選ぶことができます。

次回から、二種類のホワイトニングの違いについてご説明しようと思いますので、歯を白くしたい!とお考えの方はぜひ読んでみてください。

投稿者: 三代歯科医院

2016.03.03更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

みなさんはご自分の歯が、どういった構成でできているかご存知でしょうか。
正確に詳しくご存知でなくても、もしかしたらエナメル質とか、象牙質なんて言葉を耳にしたことをあるかもしれません。

エナメル質は歯の一番外側の部分で、要するに「歯」として目に見えている部分です。その下でエナメル質を支えるているのが象牙質。つまり、こちらは歯の内側にある部分ですね。
そして、そのさらに内側には「歯髄」と呼ばれるものがあります。
そこには神経や血管があるのですが、これらが通るトンネルのような管を「根管」と言います。

例えば、大きく深い虫歯などでこの歯髄がダメージを受けることがあります。
これを放っておくと、歯を抜かなければどうにもならない、なんてことにもなってしまうのです。

それを避けるための治療として、当院では「根管治療」という治療を行っています。
汚染されてしまった神経や血管を取り除き、きれいに洗浄し、さらに消毒を行っていきます。こうすることで、抜歯のリスクを軽減させることができるのです。
また、問題の起きた歯の周りにある歯や、全体の歯並びへの悪影響を起きにくくする効果もあります。

一口に虫歯治療といっても、症状や程度に応じていろいろな方法があります。
ですから、気になることがあれば、どんどん歯科医に相談してください。

投稿者: 三代歯科医院