院長ブログ

2016.05.19更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

ここ数回にわたって、被せ物や詰め物についてご紹介してきました。
被せ物・詰め物にはさまざまな素材のものがあるとお話ししましたが、その中で何度か「金属アレルギー」という言葉が出てきたのを覚えてらっしゃいますでしょうか。

金属アレルギーというと、例えばアクセサリーを身に付けたときに肌が荒れてしまうとか、痛くなってしまうなんて症状を連想する方も多いでしょう。
そんな症状が出たとしたら、誰だって金属製のアクセサリーをすぐに外すでしょう。

しかし、歯科治療に使った被せ物や詰め物によってアレルギー症状が出た場合、ネックレスや指輪のように簡単には外すことはできません。
金属アレルギーは、水銀を含んだアマルガムという金属が体内に入ることで起こります。放っておくと、アトピーや湿疹、ひどいと内臓疾患にまで発展してしまいかねません。

これまでにお話ししてきた通り、当院では金属を使わない被せ物や詰め物も扱っています。
アレルギー症状に悩まされている方はもちろん、これから治療で被せ物・詰め物を使うであろう方も、気になることがあればすぐにご相談ください。
レジンやセラミックといった非金属の素材を使えば、症状を改善に導いたり、未然に防ぐことが可能です。

投稿者: 三代歯科医院

2016.05.12更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

これまで、歯を美しく見せるための歯科治療である「審美歯科」のひとつとして、虫歯治療後や歯の欠損時に使われる被せ物や詰め物についてお話ししてきました。
よく知られる銀歯以外にも、多くの種類がありますのでまだお読みでない方は、一度ご覧になってみてください。

今日は「ゴールド」という被せ物・詰め物をご紹介します。
これは金合成や、金にプラチナを加えた白金合成と呼ばれる材料で作られたものです。
これらの素材には、錆びにくいという特徴がありますので、金属を使った被せ物・詰め物の中では、金属アレルギーに煩わされにくいとも言えます。

また、その硬さが天然の歯に近いため、噛み合わせたときに触れ合うほかの天然歯を傷つけにくいという特徴もあります。

さて、当院で取り扱っている被せ物・詰め物をご紹介してきましたが、ご紹介した素材を完璧に覚えていただく必要はありません。
いざ必要となったときに、銀歯以外にもいろいろと選択肢があったはずだ、と思い出してもらえればいいのです。
そのときは歯科医に、「銀歯はイヤです」、「ほかの素材はありませんか?」ときちんと意思表示をしましょう。

投稿者: 三代歯科医院