院長ブログ

2017.04.25更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

歯医者に行くというと、治療をするとイメージしがちですがそれだけではありません。

クリーニングや健診、ホワイトニングなど治療以外の目的もあります。
歯科医院は痛みがあったり、虫歯の時だけでなくてもお気軽に来てください。

歯科の定期健診は保険内でも可能です。
また、当医院のクリーニングは担当制で行っていますので安心して通っていただけるのと、よりリラックスして受けていただけることができると思います。

やはり、初めてのところや、初めての方と接するのは誰しも緊張するかと思います。
三代歯科医院では、皆さまとおり多く会話をして、皆さまのことを知ったうえで治療をしていきたいと思います。
そして、皆さまにも私たちのことを知ってもらいたいと思います。

まずは、お気軽に足を運んでいただいて
「三代歯科医院」の雰囲気を感じてみてください。

スタッフ一同お待ちしております。

投稿者: 三代歯科医院

2017.04.21更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

何らかの原因で、歯を失ってしまったところを放置していませんか?
痛みが無かったり、生活で支障がないと放置してしまう方は意外に多くいらっしゃいます。

そのまま放置していると、隣の歯が寄ってきてしまったり、嚙合わせる歯が伸びてしまったりします。
そのような状態になった場合、スペースがなくスムーズに治療が進まないことがあり、矯正治療をしてから歯を入れたりというケースもあります。
また、噛み合わせや歯並びにも影響が出てきます。

このようなことが起きないように、早めの治療と今後の計画を立てていきましょう。

思い当たる方は三代歯科医院にご相談ください。
一人一人にあった治療方法をご提案していきます。

お口の中の悩みを減らし、ストレスを減らしていきましょう!

投稿者: 三代歯科医院

2017.04.18更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

新生活の季節がやってきましたね。

4月から新入生や新入社員になられる方が多くいらっしゃると思います。
おめでとうございます。
希望や夢をたくさんもっていることでしょう。
私も昔を思い出し懐かしく思います。

さて、みなさん新生活の準備は万全でしょうか?
色々と準備で忙しいと思いますが、ホワイトニングもしてみるのはいかがでしょうか?

新生活を送るうえで、第一印象はとても重要です。
ホワイトニングでお口の周りがが明るくなると、清潔感もでますし素敵な笑顔が際立ちます。
周りの方と差をつけることができるかもしれませんね。

4月良いスタートが切れるように、ご検討してみてください。

当院では「オフィスホワイトニング」、「ホームホワイトニング」を用意しております。
一人一人に合ったものをご提案していきますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: 三代歯科医院

2017.04.10更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

皆さま、虫歯はどのようにしてなるのかご存知ですか?

虫歯菌によって?
甘いものを食べることで?

すべて正解ですが、
これら単体では虫歯になることはありません。

虫歯菌と言われる細菌そのものは悪いものではありません。
虫歯菌は皆さまのお口に存在します。この細菌は普段はおとなしいですが、お口の中に取り残された食べ物に含まれる糖質が存在すると動き出します。
そこから、虫歯の直接の原因となるプラークが形成されるのです。

そして、このプラークが酸を排出して、歯を溶かし虫歯になっていきます。

虫歯は
虫歯菌+糖質+歯
上記の3つが揃って起こるものです。

毎日の歯磨きをしっかり行い、お口の中に糖質が残っている時間を最小限に抑えることで、虫歯を予防することができます。


大切な皆さの歯を長く使えるように、ホームケアも見直してきましょう!

投稿者: 三代歯科医院

2017.04.03更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

歯科治療は場合によっては、回数がかかる場合もあります。
週に1度の通院は、スケジュールを立てるのが大変かもしれません。そのため、通院を断念してしまい、治療途中で放置してしまうという方も実際多くいます。

とても残念なことに、放置していたことで虫歯が大きくなってしまうこともあります。

当院は、そのような方を減らすべく土曜日も18時まで診療しております。
平日なかなか通院するのは難しいという方も多くいらっしゃると思います。

なるべく、多くの方のライフスタイルに合わせられる診療時間になっております。

初診の段階で、しっかりとスケジュールをたて治療を最後まで終えられるようにしていきましょう!

まずは、ご相談でもお気軽にいらしてください。
皆さまのお口の健康をサポートできるように、スタッフ一同頑張ります。
お待ちしております。

投稿者: 三代歯科医院

2017.03.30更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

残念なケースですが、歯が抜けてしまった・・・
歯を抜かざる負えない状態になってしまった・・・

このような場合は仕方がないのですが、次にどうするかを考えなくてはいけません。
しっかり噛めて、日常生活に支障が出ないようにすることが大切です。

歯を失ってしまったところを義歯にするか、インプラントにするか、それともブリッジにするか。
これは、一人ひとり適したものが違います。
一概にどれが一番い良いとは言えません。

まずは、お口の状況をみて、そして費用面や治療期間によっても全く異なってきます。

各々メリットとデメリットがありますので、ご相談の上一緒に決めていきましょう。

どれにしようか迷っているのでしたら、是非三代歯科医院にご相談ください。
皆さまご納得いくまで、ご説明させていただきます。

スタッフ一同お待ちしております。

投稿者: 三代歯科医院

2017.03.29更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。


歯科治療では、お口の中を直接拝見したり、レントゲンを撮影し、様々な検査を行い病名を診断し、治療をしていきますね。しっかりとデータを収集し、治療を始めるのは当たり前のことですがこれでは何か足りません。

それは、患者様の話をよく聞くことです。
どのようなときに痛むのか、いつから?どのように?

またそれだけでなく、どのような治療を希望か、費用面、期間などなど。

お口の中だけでなく、患者様一人ひとりのお話の内容も重要なデータになり、治療方針を決めていくうえで大切なことになります。

もちろん話を聞いただけで、検査を行わず治療するなんてことはありませんが、
まず話をして、納得いった上で治療を始める最終ジャッジをしてください。

決して、お互い不安が残ったまま治療をスタートさせてしまうなんてことが無いように三代歯科医院では患者様とのお話しする時間を貴重な時間として考えています。

まずは、私たちとお話をして一番適した治療方法を君つけていきましょう。

投稿者: 三代歯科医院

2017.03.25更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。


前回、歯周病の各ステージのお話をしましたが、
今回は似ているようで全然違う
歯周病と歯肉炎についてお話していきます。

歯周病も歯肉炎も同じように腫れや痛み、出血が見られますが、
決定的に違うことは歯肉炎には歯槽骨の吸収は見られず歯肉に言及されていることです。

また、歯と歯肉の隙間のポケットが両方に見られますが、
歯肉炎の場合は歯肉が腫れて盛り上がってしまってできたもので、仮性ポケットといいます。この場合は炎症が収まれば、通常のポケットの深さに戻ります。

歯周病によってできたポケットは真性ポケットといい、骨吸収が起こったことにより、より深いところにできるポケットになります。

歯肉炎とは症状のことを指し、歯周病とは病名になります。

二つの違いが少しわかったでしょうか?

どちらにせよ、異変が起きたらすぐに歯科医院で受診するようにしましょう。

投稿者: 三代歯科医院

2017.03.25更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

歯周病については、細菌ではメディアでもよく取り上げられているのでどのような病気かご存知だと思います。

歯周病は知らぬうちに進行している病気とよく言われますが、歯周病に各ステージ(進行段階)があります。
今回は歯周病の各ステージについて紹介していきます。

【初期の段階】
歯磨きをしていると、出血をしたり歯肉の炎症が見られる場合があります。
この時点では、歯槽骨の球種が少し見られる状態です。
歯と歯肉の溝も深くなりはじめ歯周ポケットが見られるようになります。


【中期の段階】
大抵の方は、中期の段階で異変に気付きます。
歯肉の腫れが見られ、痛みを感じ、排膿が起こります。
歯槽骨の吸収は半分にまで進み、歯の動揺も起こります。


【末期の段階】
歯槽骨の吸収も根の先端部分まで進み、動揺が激しく食事をすることも困難な状態になります。
腫れや、排膿、出血、痛みも更に強くでる傾向にあります。


歯周病は、早めのうちから予防を心がけ小さい異変も気づけるようしましょう。

投稿者: 三代歯科医院

2017.03.09更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

確実に春がそこまできている気配は感じますが、
まだ寒かったり、暖かったりと落ち着かない日が続いていますね。

まだインフルエンザも油断できません。

風邪予防には昔から、手洗いうがいと言われていますが、近年ではお口の中の清掃も風邪予防の一つとして挙げられています。
お口の中が不衛生だと菌が繁殖し、体内へと菌が入り込んでしまいます。
また健康のために、栄養がある食事を心がけてもお口の中が汚れていたらどうでしょう?菌が多く潜んでいたらどうでしょう?

これでは台無しですよね・・・

お口の中を清潔に保つことは、お口の中だけのことではなく、全身の健康に影響していきます。

健康を維持するためにも、定期的にお口の中のクリーニングを行い清潔に保つようにしましょう。

当院では、クリーニングも担当制で行っていますので安心して通院していただくことができます。
皆さまの健康を私たちでサポートさせていただきます。

投稿者: 三代歯科医院

前へ 前へ