審美歯科

ホワイトニング

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 歯の黄ばみ、汚れが気になる
  • 上下の歯の色の違いが気になる
  • 天然歯と補綴物の色の違いが気になる
  • 歯を削らずに、白くしたい
  • できるだけ費用を抑えて、歯を白くしたい

ホワイトニングについて

「ホワイトニング」とは、加齢や生活習慣(喫煙、コーヒーなどの色の付きやすいものをよく飲む)などにより変色したり汚れが付着したりした歯を、専用の器具や薬剤などを使って内側からきれいに漂白する治療方法です。

「ホワイトニング」には歯科医院で歯科医師によって行われる「オフィスホワイトニング」と、患者様がご自宅で行う「ホームホワイトニング」があり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の歯の状態やご希望などに照らし合わせて選ぶようにしてください。

「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の比較

オフィスホワイトニング
メリット
  • 短期間で歯を白くすることが可能
  • 歯科医師が治療を行うので、安全かつ手間がかからない
デメリット
  • 「ホームホワイトニング」と比べると、色が後戻りしやすい傾向にある
  • 薬剤の濃度によっては、しみる場合もある
  • 一般的に、「ホームホワイトニング」よりも費用が高額になる
ホームホワイトニング
メリット
  • 患者様がご自身のペースでホワイトニングすることができる
  • 治療後の色の後戻りが少ない
  • 歯にかかる負担が少ない
デメリット
  • 「オフィスホワイトニング」と比べると、即効性が劣る
  • 患者様ご自身が治療を行わなければいけないため、手間がかかる

審美歯科(詰め物・被せ物)

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 事故や加齢、また虫歯や歯周病などの病気により歯を欠損した
  • 虫歯治療で詰めた・被せた銀歯が気になって、人前で笑えない
  • 金属アレルギーの症状で困っている

審美歯科(詰め物・被せ物)について

審美歯科とは、加齢や事故、また虫歯・歯周病などの病気により欠損した歯の部分に、「詰め物(インレー)」を詰めたり「被せ物(クラウン)」を被せたりすることで、歯の審美性や機能性を改善させる治療方法です。

そのほか、虫歯治療で詰めた・被せた銀歯をレジンやセラミックなどの素材に替えることで、金属アレルギーの症状を改善させることができる場合もあります。

当院が取り扱う詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

セラミックのみで作られた詰め物・被せ物です。天然歯と比べても遜色のない白さに仕上げることができます。金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。

ジルコニア

人工ダイヤとしても使用される「ジルコニア」で作った詰め物・被せ物です。天然歯と比べても遜色のない白さに仕上げることができるほか、衝撃や変色に強いという特徴があります。

「オールセラミック」の一種ですので、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。

ハイブリッド

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた材料で作られた詰め物・被せ物です。天然歯に近い硬度なので、かみ合わせた歯を傷つけにくいという特徴があります。

メタルボンド

内側に金属を使用し、表面にセラミックを焼き付けて作られた被せ物です。耐久性に優れており、噛む力が強い奥歯にも使用することができます。

ゴールド

金合成や白金合成(金にプラチナを加えたもの)で作られた詰め物・被せ物です。天然歯に近い硬度なので、かみ合わせた歯を傷つけにくいという特徴があるほか、錆びにくく金属アレルギーになりにくいという特徴もあります。

金属アレルギーの症状改善について

「金属アレルギー」とは、「アマルガム」という水銀を含んだ金属が唾液などで体の中に入ることで起きてしまうアレルギーの反応です。「金属アレルギー」を放置していると、アトピーや湿疹、内臓疾患などの症状を引き起こす可能性があります。

ですので、もしお口の中に「アマルガム」などの金属を入れられていて、「金属アレルギー」の症状でお悩みの方は、一度当院で治療を受けられることをおすすめします。

「アマルガム」などの金属製の詰め物・被せ物をレジン、セラミックなどの非金属の素材に替えることで、症状を改善に導くことができます。