一般歯科

一般歯科(虫歯治療)

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 歯が痛い・しみる
  • 歯茎が腫れる
  • ブラッシング時に出血する
  • 治療を受けても、すぐに虫歯になってしまう
  • できるだけ神経を抜かずに、虫歯を治療したい

一般歯科(虫歯治療)について

「一般歯科」とは、虫歯や歯周病などの病気を治療するもので、歯科医院にご来院される患者様の多くがこちらを受診されています。また、「ホワイトニング」「入れ歯」「インプラント」などの治療とも密接な関係があり、これらの治療を行う前に「一般歯科」によりお口の中を健康にすることで、高い効果が得られるようになります。

虫歯治療は「早期発見・早期治療」が肝心です

虫歯には、初期段階では「痛み」「しみ」などの自覚症状が少ないという特徴があり、症状をお感じになってご来院頂いた時には、すでに虫歯が進行していたというケースも少なくありません。虫歯が進行し重度になると、最悪の場合、歯を抜かなければいけなくなることもあります。

ですので、大切な天然歯を維持するためには、痛みのあるなしに関わらず、定期的に歯科医院でメンテナンスを受け「早期発見・早期治療」をはかることが重要となります。

できる限り天然歯を保存するために

虫歯治療のうち、10~20代などの若い世代の患者様は歯の神経が大きいため、虫歯が大きいとすぐにそこまで到達してしまう場合があります。当院では、こうした患者様に治療を行う時にもできるだけ天然歯を保存するために、高い抗菌作用を持ち、歯の再石灰化を促進する「HY剤」を使って極力神経を残すように心がけております。

根管治療

根管治療について

「根管治療」とは、歯の神経や血管が通っている細いトンネル(根管)内から、病気により汚染されてしまった神経や血管を除去し、洗浄・消毒することで天然歯の保存をはかる治療方法です。虫歯が神経にまで到達してしまった場合、そのまま放置していると歯を抜かなければいけなくなることもありますが、この「根管治療」によりそうしたリスクを軽減させることができます。また、周囲の歯への負担や歯並びへの影響も軽減させることも可能です。