インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療について

「インプラント」とは、加齢や事故、また虫歯・歯周病などの病気により失った歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せることで審美性や機能性を改善させる治療方法です。

顎の骨にしっかりと定着させるため、「入れ歯」に起こりがちなぐらつきや浮き上がりなどがなく、さらには硬い物でもしっかりと噛むことができるようになります。
こうして天然歯と同様に使用することができることから、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 入れ歯に起こりがちな、ぐらつき・浮き上がりなどがない
  • 顎の骨にしっかり定着させるので、硬い物でも噛むことができる
  • 歯を削る必要がない
  • 審美性に優れている
デメリット
  • 手術が必要
  • 「入れ歯」よりも治療費が高額になる

歯を失った時のファーストチョイスには、「入れ歯」をおすすめしています

最近では「装置が目立つことに抵抗がある」などの理由から、歯を失った時に「入れ歯」ではなく「インプラント」を選択される方も少なくありません。

ですが当院では、費用面、患者様のお体への負担、そしてご高齢になりお体が不自由になった時にもメンテナンスが比較的容易などの理由から、歯を失った時のファーストチョイスには「入れ歯」をおすすめしています。
もちろん、患者様のご希望、また歯の状態によっては「インプラント」を行う場合もありますが、基本的には「入れ歯」による治療をおすすめしています。

また当院では、金属のバネ(クラスプ)がないため装置が目立ちにくい「ノンクラスプデンチャー」という「入れ歯」を取り扱っておりますので、「装置が目立つことに抵抗がある」という方はこちらをご検討されてみてはいかがでしょうか?

インプラント治療の流れ

1 問診

今、入れ歯をご使用になられている場合には、どういった部分に不具合があるのかを詳しくお伺いし、インプラント治療が適切であるかどうかを判断します。またこの時、インプラント治療のメリット・デメリットについても詳しくご説明します。

矢印
2 診査

患者様のお体の健康状態、またインプラント治療を行う部分の骨の状態を診査します。骨量が少ない方につきましては、インプラント治療が行えない場合があります。

矢印
3 手術

診査に問題がなければ、顎の骨にインプラント(人工歯の土台になる部分)を埋め込む手術を行います。上顎の場合は最低6ヶ月、下顎の場合には最低3ヶ月、インプラントが顎の骨に定着するまで待ちます。インプラント定着後、その上に人工歯を被せます。

矢印
4 定期的なメンテンナンス

インプラント治療終了後、定期的に当院にご来院頂きメンテナンスを行います。