院長ブログ

2016.11.25更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

突然ですが、今回のタイトルにある「くさび状欠損」ってご存知でしょうか?

あまり、聞きなれないものかもしれませんね。

これは、歯の生え際の部分がくさび状(Vの字)に削れてしまうことを指します。
目につくところが欠損してしまうことから審美的な問題もありますし、エナメル質(歯の一番表面な部分)が削れることで象牙質(エナメル質の次にある層)が露出し、冷たいものがしみてしまう知覚過敏の症状が現れることもあります。

くさび状になってしまう原因はさまざまありますが、例として歯ぎしり、食いしばりによりエナメル質が破壊されてしまう、歯周病により歯肉が退縮してしまった箇所を強くブラッシングしてしまうことにより削れることもあります。
歯磨きをしているときなどに、歯の根元をチェックをしてみてください。

またしみるなど症状が起きたらすぐにご相談しにいらしてください。

投稿者: 三代歯科医院