院長ブログ

2016.12.08更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

皆さん、「インプラント」をご存知ですか?
最近では、「インプラント」も歯科治療の中でもよく聞かれるものになってきたのではないでしょうか?

「インプラント」は人工歯根といわれ、虫歯や歯周病などで失ってしまった歯の代わりに顎の骨に人工の根っこを埋め込み、その上に人工の歯を被せるものになっています。

昔は、歯を失ってしまうと、選択肢としてブリッジや入れ歯が主流でしたが、ブリッジや入れ歯ですと審美性に欠けてしまったり、咬合力の低下などが起こってしまいがちでした。

その点インプラントは、より天然歯に近いものになっており、多くの方のニーズにこたえられる治療ではないかと思います。

咬合力の強度からも、天然歯と同様に使用できることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

ご検討されている方や、ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

投稿者: 三代歯科医院