院長ブログ

2016.12.26更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

最近では、生活習慣病と言われている歯周病ですが、皆さんも良く耳にする病名だと思います。

現在の歯周病の有病率は、20代で約7割、30~50代で約8割、60代で約9割の方が罹患していると言われています。

数字を見ると、ほとんどの方が歯周病なのではないかと思ってしまうくらい多いですよね。

歯周病の特徴として、自覚症状があまりないことがあげられます。
虫歯ですと、痛みを感じてすぐに歯科医院へ行くと思いますが、歯周病の場合、自覚症状が出たときはかなり進行してしまっていることが多いのです。

このことにより、歯周病予防には、毎日の歯磨きと定期的な歯科医院への受診がとても重要になってきます。

以前もブログ内でお話ししたと思いますが、歯を失う1番の原因は歯周病です。
しっかりと予防し、長くご自身の歯でおいしく食事ができるようにしましょう。

投稿者: 三代歯科医院