院長ブログ

2017.03.25更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。

歯周病については、細菌ではメディアでもよく取り上げられているのでどのような病気かご存知だと思います。

歯周病は知らぬうちに進行している病気とよく言われますが、歯周病に各ステージ(進行段階)があります。
今回は歯周病の各ステージについて紹介していきます。

【初期の段階】
歯磨きをしていると、出血をしたり歯肉の炎症が見られる場合があります。
この時点では、歯槽骨の球種が少し見られる状態です。
歯と歯肉の溝も深くなりはじめ歯周ポケットが見られるようになります。


【中期の段階】
大抵の方は、中期の段階で異変に気付きます。
歯肉の腫れが見られ、痛みを感じ、排膿が起こります。
歯槽骨の吸収は半分にまで進み、歯の動揺も起こります。


【末期の段階】
歯槽骨の吸収も根の先端部分まで進み、動揺が激しく食事をすることも困難な状態になります。
腫れや、排膿、出血、痛みも更に強くでる傾向にあります。


歯周病は、早めのうちから予防を心がけ小さい異変も気づけるようしましょう。

投稿者: 三代歯科医院