院長ブログ

2017.03.29更新

こんにちは。神戸市中央区の歯科、三代歯科医院の三代知史です。


歯科治療では、お口の中を直接拝見したり、レントゲンを撮影し、様々な検査を行い病名を診断し、治療をしていきますね。しっかりとデータを収集し、治療を始めるのは当たり前のことですがこれでは何か足りません。

それは、患者様の話をよく聞くことです。
どのようなときに痛むのか、いつから?どのように?

またそれだけでなく、どのような治療を希望か、費用面、期間などなど。

お口の中だけでなく、患者様一人ひとりのお話の内容も重要なデータになり、治療方針を決めていくうえで大切なことになります。

もちろん話を聞いただけで、検査を行わず治療するなんてことはありませんが、
まず話をして、納得いった上で治療を始める最終ジャッジをしてください。

決して、お互い不安が残ったまま治療をスタートさせてしまうなんてことが無いように三代歯科医院では患者様とのお話しする時間を貴重な時間として考えています。

まずは、私たちとお話をして一番適した治療方法を君つけていきましょう。

投稿者: 三代歯科医院